突発性難聴を改善する【完治でストレスフリーライフ】

先生

風邪をひいたら

どの科にかかりますか

病院

季節の変わり目や、これから寒くなっていく時期に、風邪ひいたり、体調を崩したりしがちです。風邪をひいて病院に行くのはよくあることです。でもその時、何科にかかるか考えたことはありますか。ほとんどの場合、内科だったら何でも診てくれると考えて行くのではないでしょうか。症状にもよりますが、耳鼻咽喉科にかかるなら、より早く効果的な治療を受けることができると言われています。耳鼻咽喉科とは、その名の通り耳、鼻、喉に関係した疾患を診てくれる病院です。花粉症、難聴など直接的だなとわかる場合は、迷うことなく耳鼻咽喉科に行きます。でも、風邪の場合、耳鼻咽喉科をパッと思いつくことは少ないかもしれません。なぜ耳鼻咽喉科は効き目が早いのでしょうか。

どんな違いがありますか

なぜ耳鼻咽喉科を選ぶのでしょうか。内科との大きな違いは、診療の仕方にあります。内科は、問診し、聴診器を当てて、喉を診て薬を処方してくれます。患者さんは薬をしっかり飲めば、症状は改善します。耳鼻咽喉科は、問診した後、その患部に処置を施します。症状や病院によって治療法は違いますから一概には言えませんが。例えば、鼻が調子悪い時、鼻に軽く麻酔のスプレーをして、機械を使って中に溜まっているものを吸引します。場合によってはネブライザーによる吸入も勧められます。喉が痛いですか。喉に直接薬を塗布します。もちろん、その他の薬が処方される時は、しっかり用法を守り使用します。耳鼻咽喉科は、その場で適切な処置がなされるので、回復が早いのです。