突発性難聴を改善する【完治でストレスフリーライフ】

先生

記事リスト

鼻水が長引くとき

女性

耳鼻科は患者さんも多く、処置に時間もかかってじいます。しかし、受診すると風邪などの悪化を防げ、早く治る事が多いです。風邪をこじらせてしまったかな、と感じた時は時間に余裕のある日を選び、早めに受診をするといいですね。

» 読んでみよう

突然起こる難聴があります

早期の治療が大切

先生

朝は体調がよかったのに夕方になっていきなり片方の耳が聞こえなくなったり、朝起きてみると難聴や耳鳴りがひどく、音が聞こえなくなったりすることがあります。突然の難聴と共に耳鳴りや耳の閉塞感が出る症状に突発性難聴があります。原因は様々ですが、特に精神的なストレスから生じる事があります。ストレスの蓄積から目に見えない形でシグナルを生じさせているような病気です。ウィルス感染による発症もあり、抗ウィルス薬による治療が効果的な場合もあります。通常、突発性難聴の治療には薬物療法を行います。完治することができない場合もあり、難聴が治っても耳鳴りが残ったり、ストレスにより再発しやすい傾向があります。そのため、早期の治療がとても大切になります。

様々な治療法があります

突発性難聴は内耳周辺の血液の流れが悪くなる循環不良が原因といわれています。血流を良くするために循環改善薬、血管拡張剤などを使用して、内耳の動きを回復させることで治療を行います。周辺のリンパ液が漏れだす病気から突発性難聴を発症させることもあり、詳細はCTやレントゲンなど画像検査により分析します。画像検査から聴神経周辺に良性の腫瘍ができていることがあります。内耳や三半規管などの器官を圧迫させることで突発性難聴が起きる事があります。腫瘍は摘出手術や放射線治療と並行して行われます。放射線治療は周辺器官を傷める事が少なく治療ができるので、有効な治療方法とされています。日頃からストレス環境の軽減に努めながら過ごすことが突発性難聴の予防に繋がります。

風邪をひいたら

病院

風邪とひとくくりに言っても、症状は様々です。自分の症状を確認して耳鼻咽喉科に関係する部位ならば、行ってみるのはどうでしょうか。より早く、風邪からくる不快感から解放されるでしょう。

» 読んでみよう

快適に聞き取るために

女性

補聴器は、お年寄りが周りの音を聞きやすくするものとして定着しています。補聴器は、音量調節が出来る上に、費用が安い為、人気です。しかし、注意点には、装着性能のことや補聴器選びが挙げられます。慎重に選び、快適な毎日を過ごしましょう。

» 読んでみよう